CONCEPT

|

1998年にアフタースノーボードをコンセプトにスタートしたgravis。
その後Skate、Surf、Art、Music とカテゴリーを広げそこで活躍するプレイヤー達と共にクリエイションを続けてきました。
2016年より、今まで培ってきたアーカイブを礎にさらなる高みを目指すため、新たなカテゴリーやフィールドを視野に入れ世界基準のgravisブランドを再構築します。

In 1998, gravis started building shoes inspired by the snowboarding culture.
Through the years, people from skateboarding, surfing, art, and music pushed our limits of creation.
Now in 2016, gravis is on the move to overcome the establishments, reaching out to fans worldwide and people inspiring the brand.

NEWS

POLIQUANT x gravisカプセルコレクション ”THE AGE OF INNOCENCE"

東京発の気鋭ミクスチャーレーベル「POLIQUANT」とgravisのカプセルコレクションがローンチ。イタリア・ドイツ・スペインをはじめアジアでもグローバル展開する。発売は9月予定。日本では「BILLY'S ENT]など一部オンラインにて先行受注を7月4日10:00-より開始する。

POLIQUANT
BILLY'S ENT

gravis x GQ KOREA SPECIAL MOVIE

GQ KOREA によるSPECIAL MOVIEを公開中。2018 SPRING/SUMMERのフォーカスアイテム「TARMAC AC」をベースにスタイリング、イテウォンの自由なグラフティと ハンガン公園のアクティブな雰囲気を介してその世界観を表しています。

GQ KOREA ホームページではこの他に様々なPHOTOを掲載中。

GQ KOREA

gravisが導くニューステップ

ニューヨーク生まれのファッションマガジン「NYLON JAPAN」にE-girls 須田アンナを起用したビジュアルを公開。

新たなネクストステップを踏み出すE-girls 須田アンナが履きこなす、2018年の新作「CARDIFF FUR」。デイリーユースにも、スタイリッシュにも使える「CARDIFF FUR」を纏った須田アンナのスタイリングは必見!

NYLON JAPAN
http://www.nylon.jp/gravis_cardifffur

gravis x 430 ”CARDIFF 430SP”

gravisと430のコラボレーションモデル”CARDIFF 430SP”が登場。

ブラックカラーで全体を引き締め、ソールにはスプラッターペイントでアクセントを。

取り外し可能なヒールストラップでシーンに合わせた使用が可能。甲部分のストラップはマグネットバックルに変更し、スペシャルな仕様に。

> DECADE ONLINE STORE

> PRODUCT INFO

gravis x SSZコラボレーションモデル”ID 552"

BEAMSのSURF・SKATE部門を長年務める名物バイヤー加藤氏が手掛けるオリジナルライン「SSZ」とgravisのコラボレーションが実現。

アッパーは上品なグレースウェードを使用し、ライニングにはBEAMSのコーポレートカラーでもある鮮やかなオレンジが彩る。

ヒール部分にはSSZのロゴが同色型押しで主張しすぎることなく配されるのに対し、インソールはSSZの代名詞ともいえるメモ用紙のグラフィックを大胆に採用。

さらにはシューズボックスデザインもカスタムされた、スペシャルな1足となっている。

https://www.instagram.com/p/BgkbFQhBLbc/

僕らとgravisの柔らかい日常

“遊べる大人”のメンズ・ライフスタイルマガジン「warp」にてMGFを起用したgravisのビジュアルを公開。

ラップシーンのみならず、ファッションシーンにおいても それぞれの個性が輝きを放つ彼らが履くgravisのNEW PRODUCTを是非。

>warp special content

gravis feat. MGF
-グラビスとMGF。-

ライフスタイルWEBマガジン『HOUYHNHNM(フイナム)』にて、3MCヒップホップクルー・MGF(エムジーエフ)を起用した『グラビス<gravis>』のビジュアルが公開。

彼らの音楽性同様に、オリジナリティ溢れるスタイリングで、グラビス最新プロダクトの魅力が最大限に引き出されている。

>HOUYHNHNM special content

2017 AUTUMN/WINTER LOOK BOOK AND MOVIE

2017A/Wシーズンは”KONA"にフォーカス。

”異空間と光の融合”をコンセプトにTARMAC、RIVALと並ぶgravisのアイコンモデル、KONAを表現している。

他のどれとも比べることのできないオリジナルなフォルムとデザインを持つgravisのKONA。

そのオリジナルさゆえ、異空間の中でもひときわ輝く。

そこに光を加えてさらに際立たせることで、圧倒的な存在感となる。

PRODUCT INFO

gravis × SOPHNET. KONA CLOUDKNIT

ミニマルなデザインによる洗練さと高い機能性が、多くの人々に支持される「SOPHNET.」

そのSOPHNET.とgravisのコラボレーションモデルが登場。

gravisブランド創世記の1999年にデビューし、またたく間にブランドの地位を確立させた名作KONAをベースに、「クラウドニット」という新技術を用いることで現代的にアップデート。クラウドニットとは特殊な機械により、ポリエステル糸をニット状に編み込むことでシューズのアッパーを成形する製法で、軽量かつスムースな足あたりを可能にする新技術。

シューレースは3M社のリフレクターを使用したロープレースを装備、踵のLogoや△窓部にも3M社製のリフレクターを使用。

タングのプルストラップにはgravisのLogoとSOPHNET.のサソリマークが織込まれている。

SOPHNET.

BILLY'S

PRODUCT INFO

gravis × BILLY'S CLAYMORE “CDR”

今回で3回目となるgravisへの別注モデルは、スリッポンタイプの「CLAYMORE」。

VINTAGEの古着からインスパイアされ、太畝のコーデュロイ素材をアッパーに使用し、通常のスリッポンよりボリューム感をプラス。

ペールトーンの淡いカラーリングが90年代のストリートカルチャーを感じさせる絶妙な風合いに仕上げています。

もちろん、インソールにはgravisが独自開発した”C9“インソールを搭載し抜群のフィッティングを実現。

デザイン、機能を兼ね備えたgravis×BILLY’Sのコラボレーションモデル。

PRODUCT INFO

"THe COLOR" EXHIBITION

ブランド独自の世界観を写真家6名が、デジタルとリアルで表現する”THeCOLOR”。

色をテーマにgravisのプロダクトを織り交ぜ作品を発表していく。

6/15(木)までの期間、gravis公式インスタグラム(@gravisjapan)にて作品は随時アップされる。

終了後の6月にはそれらを統括した写真展が開催される予定。

“デジタル”と”リアル”の相反する場で表現される、写真家6名とgravisが作り上げた色彩豊かな美しい世界観をぜひお楽しみください。

RIVAL

90年代に発売されたgravisを代表するモデル「RIVAL」。

多くの著名人に支持された名作の復刻となる。

オリジナルの機能を継承しつつ、軽量化を実現。さらに抜群のクッション性を誇る「Cloud 9」をインソールとして搭載することで履き心地を高めている。

アッパーには上質なヌバックを使用し、上品な仕上がりとなっている。

十余年の年月を経て名作が帰ってくる。だがその姿は現代では新しさを備えているようにさえ見える。

PRODUCT INFO

TARMAC WOLVERINE

世界最高水準を誇るWOLVERINE(ウルヴァリン)社製のピグスキンスウェードをアッパーに採用。

ピグスキンの特徴でもある繊細なタッチや高級感を損なうことなく撥水、耐久性といった機能を持たせている。

アッパーからソールまで、落ち着いたグレーのワントーンでまとめ、都会的で洗練されたイメージにアップデート。

ストリートにもマッチするボリューム感とモードなグレーのワントーンカラーが絶妙なバランスでリリース。

全世界でもBILLY’Sのみで展開する完全エクスクルーシブモデル。

PRODUCT INFO

OFFICIAL CONTENTS Re-BUILD!

1998年、“アフタースノーボード”をコンセプトに設立した〈gravis〉。ブランドスタートから長い年月を歩むなかで、スケート、サーフ、アート、そして音楽というジャンルを巻き込み、さまざまなプレイヤーたちと共にクリエーションを続けてきました。

設立から18年目を迎えるいま、これまで培ってきた歴史をベースに更なる進化を遂げるべく、これまでのフットウェア、グッズ/ウェアのカテゴリーに加え、新たに「Progressive Design」というカテゴリーを新設しブランドをRe-BUILD(=再構築)していきます。

今回のブランド再構築に伴い、オフィシャルサイトも大幅なリニューアルを決行。このために撮り下ろされたスペシャルな動画コンテンツに加え、スタイリスト望月 唯氏がスタイリングを手掛けたルック、プロダクトラインナップなど、見応えのあるコンテンツをご用意。〈gravis〉が新たに提案する世界観をごゆっくりと体感してください。

LOOK BOOK

  • Photo: Kai Hirata
  • Movie Director: Show Matsumura
  • DOP: Isao Sato
  • Light: Tsugiharu Takada
  • Music: Albino Sound
  • Stylist:Takashi Mochizuki
  • Hair & make up: Tazuru Takei (&’s management)

PRODUCT

MORE

ABOUT C9

HIGH QUALITY LIGHT WEIGHT INSOLES

|

gravis c9
  • A
  • B
  • C

DETAIL

A

速乾性に優れるメッシュ素材を採用し、インソール素材の持つ優れた通気性を最大限に生かしている。

Quick Dry Mesh
High Breathability
Water Washable

B

低反発ウレタンフォームによりしっかり足にフィットする快適なクッショニングを実現。抗菌防臭機能を備え水洗いも可能なため清潔に保つことができる。

Soft Open cell PU foam
Comfortable Cushion
Anti-Microbial
High Breathability
Water Washable

C

硬度の高い低反発ウレタンフォームで衝撃をしっかり吸収し着地から蹴り出しまでの動きの安定性をサポート。耐久性にも優れ、長期の使用でも機能を大きく損なわない。

Hard Open cell PU Foam
Shock Absorption
Stability Support
Extreme Durability

INSTAGRAM